HeartBreak One Run

走る。登る。回す。紡ぐ。

美川から一里野。ハライ谷から市ノ瀬に抜ける。18年8月10~12日

仕事を終えて帰宅。準備のためにちょっと焦ってたのか、やり残した業務のために再出社。なんやかんやで予定より1時間半ほど遅れた。
それでも10日金曜日。20時半ごろに家を出た。

ロードはおおむねキロ8分30秒。道の駅瀬女で2時間ほど休憩。仮眠。ハライ谷の登山口についてはのは11日7時すぎ。ニホンザルの先導で進み始めた。

ニッコウキスゲ。朝に開花し、夕方にはしぼんでしまうそうだ。

尾添尾根の花畑。そこから続く長坂の辛い道のりを正面突破。四塚山から七倉山までの道のりは、いつ見ても寂しくて美しい。

チングルマが群生する。乗鞍でも見たけれど、こいつが咲き乱れる風景(高度)が一番好き。

大汝峰から御前峰を見る。御池めぐりコースで迷子になって何故か2周した後、ようやく御前峰に到着する。18時半。

振り返り、これまで辿った道を思い出す。でも、もうあんまり時間がない。日が暮れる前に黒ボコ岩下のちょっと危険な道を通り過ぎたい。

 

室堂宿泊組が夕日の撮影に歓声を上げる中、僕は1人山を下る。下り道。もっと遠くまで歩くか、ここで終わるかを考えた。そう考え始めると、たいてい後者の理論が優先される。今年のお盆はここでおしまい。

 

ありたい姿。そこに向かうまでの道のり。紆余曲折。ゆっくり行こう。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 HeartBreak One Run

テーマの著者 Anders Norén