HeartBreak One Run

走る。登る。回す。紡ぐ。

楽々新道開拓@19年8月18日

今年のお盆は新企画『Ultimate 富士』に挑戦するつもり。
仕事後に新富士まで新幹線。新富士からルート3776でSea to Summitな富士登山。それだけでは面白くないから、須走ルートで下山し、浅間神社から吉田ルートで登頂、御殿場ルートで下山。JR御殿場駅へ。これを2.5日で達成したい。

その翌日にはfinetrackのtokyo baseでツェルト講座を予約。設置が容易なストックシェルターから居住性重視のツェルトⅡロングに切り替えたいと思って。帰りは飛行機予約済。結構充実したお盆の予定、だったけれど、台風10号が全部吹っ飛ばした。

お盆最終日。台風一過の晴れ空。せめて何か、一日で出来る新しい刺激が欲しくて、これまで手を付けていなかった白山の楽々新道にアタックすることにした。

一里野スキー場のゴンドラ乗り場に車を置き、5~6kmの新岩間温泉までのランニング。登山道入り口は若干分かりづらく、でも入ってしまえば道は綺麗に整備されていて、枯れ川というか雨水の通り道をベースにしたのだろう、雨の日は辛そうな道。それでも上がって下りてを繰り返すハライ谷に比べれば、素直な道。

小桜平まで2時間半。この避難小屋で過ごす夜はとても幸せだろう、そう思える立地。綺麗な施設。見返坂を過ぎ、高低差のほとんどないご褒美ルートを歩き、いよいよ七倉山山頂へ。このあたりから藪が濃くなる。左面が切れている感じで結構やっかいなポイントが一瞬あって、それでも劔の早月尾根核心部を思い出せばかわいいもので、小桜平から1時間半で七倉山分岐まで来てしまった。通常であればコースタイム7時間20分のところ、4時間で行けてしまった。ちなみにうち30分は小桜平で小休憩。

ここから先は慣れ親しんだ加賀禅定道。およそ5時間(昼食込み)で下山した。駐車場~新岩間、ハライ谷登山口~駐車場のランニング含め、ちょうど12時間。2年前の夏は加賀禅定道ピストン。ピストンが面白くなくて行くようになったチブリ尾根から別山→南竜周回。そして今回。日帰りで楽しめる最長のルートが完成した。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 HeartBreak One Run

テーマの著者 Anders Norén