HeartBreak One Run

走る。登る。回す。紡ぐ。

2020年 ニッコウキスゲ

白山といえばニッコウキスゲ。
「ハクサン」と名のつく高山植物は多々あれど、残念ながら一番目立つのは「ニッコウ」になってしまうんだなぁ。

前の冬はあんまり雪も降らなかったし、いい具合に気温も上がって雨も降り、だいぶ白山の登山道も開けてきたんじゃないかと思い行ってみた。当初の予定は市ノ瀬→別山→南竜→御前が峰→砂防新道→市ノ瀬。市ノ瀬にて1泊し翌日は別山→杉峠→赤兎山なんて攻めてみたらどうだろうなんて素敵なプランを考えていたけれど・・・

別山→南竜の分岐を過ぎてすぐのところがこんな感じ・・・。軽アイゼンは持っては来ているけど、こんなずっと雪の中を進む予定はない。諦めて杉峠に向かうことにした。

三の峰への道は昨年11月に太平洋まで歩いた時の通り道。真っ暗な中空は晴れていて、でも星はあんまり見えなかった記憶。避難小屋まで着いた時、どうせならこのまま石徹白に降りてしまえばいいんじゃないかと思ってしまった。そして翌日は石徹白→三の峰避難小屋→杉峠→赤兎山。素晴らしい!

10分ほど考えて腹は決まった。意気揚々と南縦走路に向かう分岐を進むと・・・

こっちの道も封鎖されていた。今更かもしれないけれど、尾根の東側(石川県側)に比べて西側(岐阜県側)は雪が解けるのが遅いということなんだろう。

二回も計画が変わってしまってすっかりやる気を失い、杉峠から市ノ瀬に下って帰宅した。唯一嬉しかったのは、三の峰から上小池分岐に至る下り道に咲いていたニッコウキスゲ。

いかんせんまだ6月。まだしばらくは我慢だ。結局御前が峰にも行っていない、2020年の白山始め。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 HeartBreak One Run

テーマの著者 Anders Norén